小学生80%・中学生20%の勉強メディア

保護者通信を写真付きで解説!小学生の親には痛いほど伝わります

子どもの心配事は、学習のことだけでなく、
生活や交友関係など、悩みは尽きないですよね。

進研ゼミは有名だと思うんですけど、
チャレンジを受講していると、
実は「保護者通信」というものがあります

これがかなり秀逸で、とても重宝しているのです

実際どのように使えたのか。本記事では
保護者通信のスゴさ」を解説します。

具体的には、
「小学校の学習」
「小学生の勉強法」
に役立つ情報です。
学習力が気になる方には、とても良い情報になると思います

実際の内容も、写真を取りましたので、
ぜひ参考にしてみてください。

【超簡単】保護者通信とは

ざっくり言うと
「保護者向け冊子」です

中身は約35ページありますが、
ほとんどは「教材の答え合わせのページ」です。

 

実質的には、前半の10ページ弱が、
役立つ読み物ということになります。

では保護者通信は、
具体的にどんなところがスゴイのでしょうか?

実際感じたポイントを言っていきます。

保護者通信がすごいと感じる具体的なポイント

親が「今抱える悩み」にドンピシャ

ちょうど今それ困ってたのよねー!
(届いた保護者通信の見出しを見た瞬間の、私の心の叫び)

小学生ママの悩みは千差万別。
とは言っても、学年や季節によって、
ある程度の傾向があるようです。

保護者通信は、
その時期ならではのよくある悩み」を
上手にピックアップしてくれます。

「うちだけじゃないんだな」
悩みを分かってもらえたような気がして、
ホッと安心することもしばしば。

何だか気の合うママ友がいる感じです。

専門家の話が聞ける

チャレンジの保護者通信はいつも、
「専門家からのアドバイス」という
ちょい足しポイントみたいなものがあります。

○臨床心理士
○スクールカウンセラー
○関連学科の教授

などなど。テーマによって様々います。

現在はネットで検索すれば、
色々な意見を見出すことができますね。

ですが、色々な意見が錯綜していて、
逆に混乱してしまうことも・・・

情報過多な時代だからこそ、
専門家のゆるぎなきアドバイスが
とても貴重に感じられます。

今月号の教材についての説明がある

保護者通信の表紙をめくるとすぐ、
『今月号のイチオシ教材』
というコーナーがあります。

○教材にどんな狙いがあるのか
○どんな工夫がなされているのか
○使い方の概要

などを知ることができます。

教材を「何だろう・・・?」と思いながら、
手探りで取り掛かるよりも、
声かけなどのサポートもしやすくなります。

そして教材には、
様々な工夫や仕掛けがあります。

キラキラシールや赤ペン先生の手紙、
ポイントプレゼントなどなど。

保護者通信で先に把握できるので、
これで教材を「有効活用」することができます。

忙しい親にとっては、非常に良い仕組みです。

 

今後どんな教材が届くかが分かる

これは言わば『次号の予告』です。

こんな楽しい教材が届きますので、
乞うご期待!といった内容です。

どんなことが学べるか、
どんな力を養うのかといった、
教材の主旨も記載されていますので、
教育の流れがわかりやすいかと思います。

 

実際の「保護者通信」内容とは?

実際に見てみないとイメージしづらいと思いますので、写真付きで解説していきます。

なおここでは、「小1版(5.6月号)」を
例にとって解説していきます。

5月号のテーマ:「自分でやってみる!」の引き出し方

1年生になって、
少しだけ経ったこの時期。

子どものやる気は「ダウンしがち」ですよね。

そういった時期なので、
このテーマになってます。

「自分でやってみる!」の引き出し方

まずは、親の関わりポイントがあります。

心に響いたのが、
ポイント①の「ゆっくり待つ」

なるほど、出来ない時があっても当たり前。

やる気を出すタイミングを、
ゆっくり待つ姿勢が大事ということ。

簡単なようで、なかなか難しいポイントと感じます

テーマに対する具体策

続いて、具体策が紹介されます。

シーン 1.勉強を自分でやってみる
シーン 2.明日の準備を自分でやってみる

例えば、明日の準備。
まだまだ自分で出来なくても構いません
とのこと。何だかホッとします。

ただし「声かけをして一緒に確認する」
というのは大事なのだそうです。

もし自分でできたら
「できているよ♪」と声かけしてあげます。

承認してあげること」が大事とのことです。

 

編集室からのコメント付き

特集の最後には、編集室からのコメントがあります。

子供は朝から慣れない環境で
頑張っているので、
「お家に帰ったらリラックスモード」
っていうのは、当たり前みたいです。

まずは朝からの学校をこなして
元気に下校してきたことを褒めてあげたいですね。

6月号のテーマ:「まちがい」との上手な向き合い方

もう1つ、解説していきます。

この時のテーマは「まちがい」との上手な向き合い方でした。

子供は1年生になり、初めて「○×」といった、
「丸つけ」と出会うのではないでしょうか。

うちはまさにこれでした。

ここで親はハッと気付きますよね。
「×には気をつけねばならない」と。

 

まちがいを受け入れない理由について
詳しく解説がされています。

まだまだ自分中心に物事を考えているので、
そんな状態で×がつくと、
「自分自身に大きく×がついた・・・」
と捉えてしまうのですね。

さらに、○や×がつく環境そのものに慣れていない
といったこともあるそうです。

さらにページをめくると、
お家でできるひと工夫が載っています。

「まちがえてもいいんだよ」
安心させる

「×になって悔しいね」
気持ちを受け止める

「ここまでは出来てたね」
ほめる

などなど、具体的な声かけの方法が紹介されていました。

こちらも「親の承認」が大切なのかもしれませんね。

 

表紙裏の「今月号のイチオシ教材」とは?

表紙をめくってすぐはこのような内容ですが、
「今月の教材のねらい」「工夫点」を
知ることができます。

教材同士のつながりも分かりやすいです。

そしてすぐ次のページがこちら。

6月の赤ペン問題は、
ポイント2倍だったようですね。

その月毎の特別な仕掛けが分かるようになっていますよ。

保護者通信のサポートはかなり心強い

保護者通信の解説したことをまとめますと、

時期ならではのテーマ選定力がスゴイ

専門家による解説がスゴイ

●教材の主旨や工夫、
仕掛けをパパッと簡単に把握できる

●これから届く教材を知れる

保護者通信は、チャレンジだけでなく、
色々な場面での親子の関わりをサポートしてくれますよ。

ぜひ試してみてくださいね。