小学生80%・中学生20%の勉強メディア

小学生が家で勉強しない時の対策とは?やる気を上げるテクニック

小学生のお子さんをお持ちのパパやママの中には

「子供が全然勉強しない!」
「いくら言ってもゲームばっかり」

こんなお悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

子どもは、親が毎回声かけをしないと
本当に勉強しないですよね。

本記事では、特におうちでの対策を考えました

具体的には、

○家で勉強しないときの対策

○勉強しなくても、親がやってはいけないこと

○やる気を上げるテクニック

という内容になっています。

特に「宿題すらしない」という場合は、
早めに対策を取った方が良いです。

勉強しなくて困っている親御さんにとって、
参考になったら幸いです。

 

小学生が勉強しない時、親はどうする?

テレビゲーム

親が子に「勉強して欲しい」と願うのは、
子供の将来を心配して。ですよね!

しかし、子供ってどう思ってるんでしょう。

特に小学低学年では、
今やっている算数の計算が
将来に役立つとはなかなか理解できません。

子供が「勉強は自分にとって必要」と
認識できるようになるまでは、
親が学習環境を整えて、
誘導してあげることが必要なのです。

おうちでの具体的な対策は以下です。

ゲームのコントロール

ゲームはお友達との、
「コミュニケーションのネタ」
としても活用できると思いますが、
やはりやりすぎは良くないですよね。

ゲームのコントロール方法としては、
子供と約束をし、それを守るように促します。

「ここまでクリアしたら、一旦勉強やっちゃおう」

「宿題をやったらゲームできるよ」

「○時になったら、ドリルやろうか」

など、声をかけてみます。

やることをやってしまえば、ガミガミ言われなくとも、またゲームが出来る!
と思わせるのが、コツです。

まずは宿題を丁寧にやる

自宅で宿題すらおぼつかないという場合は、
とりあえず宿題1本」をオススメします。

宿題を本人がやった後、その後に確認して、
つまづいているポイントがあれば
「ここはどうかな」と一緒に考えます。

つまづきポイントをそのままにしないで、
1つ1つ丁寧に押さえていくことがポイント。

親が関心を持って見てあげる

子供の学習内容について、
親が関心を持って見てあげることはとても有効です。

「見てくれている」という安心感が、
子供のやる気につながるからです。

『家では勉強しないから塾に行かせる』というのはオススメしません。

ある程度学習の習慣がついてから、
やる気を持って行かないと、
せっかく高いお金を払っても
無駄になってしまうからです。

それに塾ですと、
週に2日くらいしかありませんよね。

大切なのは、
毎日少しずつ机に向かう習慣づくりなのです。

しかしご家庭によっては共働きだったり、
下の子の世話など色々な事情がありますよね。

ご飯の支度の合間など、
細切れでも10分でも良いので見てあげられると良いですね。

出来たことについてすかさず褒める

子供の勉強に関しては、
良いところを常に探し、見つけてはすかさず褒めるという事を意識。

「今日はちゃんと勉強できてかっこいい!」
「今度は間違ってない、えらいね」

と、親が嬉しそうに褒めてくれると、
子供にとっても嬉しいものです。

親も一緒に勉強する

子供は常に親の背中を見ていますから、
親が勉強している姿を見せることも効果的
と言われています。

勉強する内容は色々考えられます。
仕事に関すること、趣味に関することなど。

それから子供と椅子を並べて、
一緒に学校の内容を勉強し直すことも1つの方法です。

勉強しなくても、親がやってはいけない事とは?

親子

おうちでの学習習慣をつけるための
対策についてお伝えしてきました。

しかし、その子その子によって個人差もあり、すんなりいかない場合があるのも事実。

ここでは、なかなか上手くいかない時でも
避けた方がいいNG集を解説します。

頭ごなしにガミガミ言う

あまりにも勉強しないことが続くと、
ついついガミガミと声を荒げてしまいますよね。

なぜ今、叱っているのか」
を伝えるようにしましょう。

そうしないと子供の方では、
何故叱られているのか分からずに
理不尽と捉えてしまうからです。

そもそも「勉強しなさーい!!」と叱ることは、
付け焼き刃的な効果しかなく、
勉強を嫌いなままにしてしまうというデータがあります。

必死で叱っても逆効果なのであれば、
最初からやらないに越したことはないですね。

 

家の外に締め出す

ガミガミ言っても無視を続ける
ツワモノな子もきっといますよね。

昔なら家の外に締め出されていましたが、
今の時代にこれをやると、ご近所に通報されて、
警察が来るなど大ごとになってしまいます。

しかも、子供には恐怖心だけが残り、
教育上のメリットが見つからない。

いくら頭に血が上ったからといって、
家の外に追い出すのだけはやめましょう。

 

あきらめて放任する

「もうダメ。諦めよう」
「そのうち自分でやり出すかも」

この放任ほど怖いものはありません。

無関心という言葉にも近いですね。

小学生、特に低学年では、
勉強することに意義を見出して
自発的にやり出すというのは、
かなりハードルが高いと言わざるを得ません。

しかし、親が関心を持って子供を導いてあげないと、子供はどんどん楽な方へ行ってしまうのです。

そうなると将来的に困るのは子供本人。
大きくなればなるほど、
軌道修正が難しくなります。

できるだけ学習内容の簡単な低学年のうちに、学習習慣を定着させるのが目標です。

 

チャレンジ小学講座で分かった「やる気アップの仕組み」

進研ゼミチャレンジ

我が家の小1男子は
家庭学習に『チャレンジ小学講座』を取り入れています。
幸い、今のところ本人もさほど負担を感じることなく
取り組めているようです。

チャレンジのやる気アップのレビューをしていきます。

参考:進研ゼミ公式サイト「https://sho.benesse.co.jp/

赤ペン先生との心温まるやりとり

赤ペン先生

赤ペン先生はお顔を拝見することはありません。
しかし人柄としては、以下の3つの特徴があり、
とても親しみを感じられる先生です。

○赤ペン1本だけというこだわり

○1人の先生が専属でついてくれる

○頑張りへの応援メッセージが満載

赤ペン1本だけというこだわり

赤ペン先生はハンコなどは一切使いません。
コラショのイラストなどはお見事の一言!

そのため赤ペン先生の添削には、
手書きの温かみが沢山詰まっています。

1人の先生が専属でついてくれること。

いくら赤ペン先生といえども、
人が違えば多少は添削の雰囲気が変わるもの。

専属の先生であれば、
添削に一貫性が出て安心感がありますね。

問題のほかにも『好きなこと』などを
書いてやり取りしたり、サプライズのお手紙をもらったりすることもできます。

頑張りへの応援メッセージが満載

良いところを見つけ出して
たっぷり褒めてくれるので、
思わずにっこりしてしまいますよ。

 

注目のタブレット学習『チャレンジタッチ』

進研ゼミの「タブレットを中心に学習する受講スタイル」のこと。

タブレット学習は、近年大注目のスタイルですね。

実はチャレンジタッチの効果は真っ二つに分かれます。

「それでも全くやらない」あるいは
「自分でどんどんやり出した」のどちらか。

ですので、
どうしても、家で勉強する習慣がつかない・・・」とお困りの方は、試してみる価値がありそうです。

ちなみにタブレット学習は
まだ新しいスタイルのためか、
学童への持ち込みは許可されないことが多いです。(タブレットを教科書代わりにしている学校は、年々増えてきてますが。)

学校への端末の持ち込みがNGで、
長期休みで持ち歩く教材が欲しい場合は
冊子スタイルの『チャレンジ』の方がオススメ。

 

1日15分だから無理なく続けられる

この1日15分という時間設定が、
無理なく続けられる最大の秘訣です。

(実際にやってみると、30分近くかかってしまうこともあるにはありますが・・・)

習い事や宿題と両立できるので、かなりこの時間縛りは、助かります

 

ゲーム感覚で学習できる教材も!

ゲーム感覚」というのが、魅力ですね。
学習へのハードルをぐんと下げてくれます。

例えば、下記のような小型タブレット
『チャレンジスタートナビ』

進研ゼミ「スタートナビ」
毎月新しいキャラクターが進化したり、
ヒーローものが出て来たりと、
意外にもけっこう楽しいのです。

その中に漢字練習や計算も含まれていて、
まさに「ゲーム感覚で学習も出来てしまう」という仕組み。

ポイントを貯めてプレゼントがもらえる

進研ゼミ「ポイントチラシ
チャレンジでは、
赤ペン先生のもんだい提出などでポイントが貯まり、
ポイント数に応じてプレゼントがもらえます。

これが意外にも、
やる気アップに効果的であることが判明

自分でちゃんとポイント数を確認して
プレゼントを楽しみにしてますよ。

小学生が勉強しない時はご褒美作戦が効果的

改めて小学生の勉強についてですが、
ポイントをまとめてみました。

○ゲームは約束事を決める

○宿題をしっかり丁寧にやることから始める

○塾よりも親が積極的に関わる方が有効

○良いところを見つけて褒める

○NG①:理由を話さずガミガミと叱る

○NG②:家の外に締め出す

○NG③:諦めて放任する

「15分の勉強が終わったらゲームができる」
「これができたらケーキを食べられる」

こういった感じでOKです。

「分かりやすいご褒美作戦」は、やはり効果的。

ガミガミと無理強いせずに、
親子一緒に楽しく学習に取り組んでみてはいかがでしょうか。